« 行政書士 | メイン | 簿記3級・2級 »

宅地建物取引主任者

002takken.gif
(国家資格・給付制度対象)

■どんな資格?

宅地建物取引主任者行政書士(以下、宅建主任者)は、不動産の売買や貸借の代理、媒介などの宅地建物取引に欠かせない、いわば不動産のエキスパートです。
不動産業界だけでなく、住宅メーカー等の建設業界、土地を担保に融資を行う金融業界等、様々な業界で重宝される資格です。


■資格のメリットは?

<多くの業界で必要とされ、就職転職に有利>
宅建の知識が鰹湯できる場面は実に多様。そのため、この資格は就職・転職に大変有利な武器となります。
とくに不動産取引業界では、事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くことが義務づけられているので、当然ニーズが多いのです。

<独立開業しやすい>
設備投資が少なくて済むので、不動産仲介業者として独立開業しやすい資格といえます。

<宅建の資格試験は、他の資格にも発展性大>
宅建の試験は、他の有望な資格の資格試験と内容の共通する部分が多いため、複数の資格取得を目指すなら、なおさら有利です。

<実用性が大きい>
仕事として直接使うことがなくても、宅建の知識は、生活に密着した実用知識です。この資格のために身につけた知識は、家の購入や賃貸契約の時にも安心、心強い味方となるでしょう。


■資格取得のポイント

宅建主任者の資格試験は、論述や記述のないマークシート方式。業火クラインは70%だから、全50問中35問程度の正解で合格できます。
また、受験資格もなく、誰でもトライできるので、初心者でも受かりやすい資格といえます。


■宅地建物取引主任者の試験について

資格区分:国家資格
受験資格:制限なし(ただし、試験合格後、登録時に一定の制限あり)
試験内容:マークシート方式の四肢択一
試験日 :10月の第3日曜日に全国一斉実施
合格率 :17.3%(平成17年度)

>>トップに戻る

目的別キャッシングサイト
自分発見
メリット
選び方
向いている人
生涯学習って何
生涯学習の役割
ボランティア
人気講座
インターネット
暮らし
魅力
活きる
資格の種類
就職・転職・独立に強い資格&スキル
ニーズの高い介護・福祉系の資格&スキル
女性が活かせる資格&スキル
仕事や生活に活かせるIT・パソコン
美しい文字を身につける
英語・語学のスキルを高める
毎日が楽しくなるアート&手作りクラフト
趣味・教養の世界を極める
まだまだあるその他の講座