« 気象予報士 | メイン | 測量士補 »

土地家屋調査士

018tochikaoku.gif
(国家資格)

■どんな資格?

土地や建物などの、不動産の「表記に関する登記」を所有者に代わって行う専門家。独立開業して自力で収入を得ることのできる資格です。
個人の大きな財産である不動産を守る存在として評価も高く、好収入が期待できます。ちなみに、全国の調査士の平均年収は1千万円以上に達しています。(土地家屋調査士会連合会調べ)


■資格のメリットは?

<不動産の表示に関する登記を独占的に行える>
<社会性・公共性に富むステイタスの高い資格>
<独立開業して好収入が期待できる>


■資格取得のポイント

「土地家屋調査士」試験は「午前の部」と「午後の部」に分かれます。午後の部試験は「測量士」「測量士補」「建築士1級・2級」の資格がどれか1つあれば免除されます。午後の部試験は難易度が高いため、多くの受験者が、いずれかの資格を事前に取得し、午後の部試験の免除を受けいています。
まだ午後の部試験免除の資格を得ていない場合は、一番取得しやすい「測量士補」合格を目指すところから始めましょう。


■気象予報士の試験について

資格区分:国家資格

受験資格:制限なし

合格率:6.3%(平成17年度)

>>トップに戻る

目的別キャッシングサイト
自分発見
メリット
選び方
向いている人
生涯学習って何
生涯学習の役割
ボランティア
人気講座
インターネット
暮らし
魅力
活きる
資格の種類
就職・転職・独立に強い資格&スキル
ニーズの高い介護・福祉系の資格&スキル
女性が活かせる資格&スキル
仕事や生活に活かせるIT・パソコン
美しい文字を身につける
英語・語学のスキルを高める
毎日が楽しくなるアート&手作りクラフト
趣味・教養の世界を極める
まだまだあるその他の講座