« 簿記3級・2級 | メイン | 社会保険労務士 »

ファイナンシャルプランナー

004finan.gif
(国家資格・給付制度対象)

■どんな資格?

ファイナンシャルプランナー(以下、FP)は、人の一生を幸せに導くライセンス。個人の夢を実現するための、貯蓄計画から相続対策まで、一生を通じたライフプランを設計します。昨今は、お金に関する選択肢が多様化し、その準備や判断を個人が決定しなくてはなりません。その際に的確なアドバイスやサポートをしてくれる存在としてニーズの高いのがFPです。

一般的にFP資格といえば、日本FP協会認定の「AFP」を指しますが、2003年2月にできた国家資格「2級FP技能士」の検定試験が、AFP資格審査試験を兼ねるようになりました。
つまり、この試験に合格すれば、「2級FP技能士」と「AFP」2つの資格が1度に取得できるということ(ただしAFPは協会への登録が必要です)。2級FP技能士は永久ライセンスなので、一度取得してしまえば一生使える資格でもあります。

■資格のメリットは?

<キャリアアップや就職・転職に有利>
FPが持つ知識は幅広く、銀行や証券、生保・損保から不動産や建設、ハウスメーカー、さらにはサービス産業まで、あらゆる業界にニーズがあります。もちろん就職・転職さらにはキャリアアップの武器となる資格といえるでしょう。

<将来の独立・開業も可能>
身につけた内容は、すぐに仕事に活かせ、着実に信頼度もUPする実用的な資格です。将来は独立・開業し、フリーでの活躍も可能です。

<自分自身のライフプラン設計にも>
FPの知識は、「住宅の購入」「教育資金」「老後の蓄え」など、暮らしに密着したもの。仕事はもちろんですが、自分自身の家庭生活にも大いに活用できるのです。


■資格取得のポイント

試験は年3回実施されるのでチャンスが多く、短期での取得が狙えます。学科試験はマークシート方式。実技試験も語群選択など、比較的簡単な出題形式となっています。試験で問われるのはFPとして必要な基本的な知識ばかりで、しかも60%の正当で合格と、比較的広き門となっています。


■ファイナンシャルプランナーの試験について

資格区分:2級FP技能士~国家資格、AFP~民間資格
受験資格:
1)日本FP協会認定の研修を修了した者(ユーキャンの講座を受講し、提案書を提出して合格点を取ることで受験資格が得られます)
2)3級FP技能検定に合格した者
3)FP業務に2年以上の実務経験を有する者
※2,3で受験した方でAFP資格取得を希望される場合は、日本FP協会認定の研修を修了する必要があります
試験時期:年3回実施(1月、5月、9月予定)
試験内容:学科6科目(マークシート方式)、実技(択一問題+空欄記入など)
合格率 :学科~33.8%、実技~33.5%(平成18年5月)

>>トップに戻る

目的別キャッシングサイト
自分発見
メリット
選び方
向いている人
生涯学習って何
生涯学習の役割
ボランティア
人気講座
インターネット
暮らし
魅力
活きる
資格の種類
就職・転職・独立に強い資格&スキル
ニーズの高い介護・福祉系の資格&スキル
女性が活かせる資格&スキル
仕事や生活に活かせるIT・パソコン
美しい文字を身につける
英語・語学のスキルを高める
毎日が楽しくなるアート&手作りクラフト
趣味・教養の世界を極める
まだまだあるその他の講座