« システムアドミニストレーター・初級 | メイン | マイクロソフトオフィススペシャリスト »

基本情報技術者

038shisutemu.gif
(国家資格)

■どんな資格?

システム開発の基礎知識を持ち、実際にシステムを開発していく”プログロマー”の資格を有するのが基本情報技術者です。将来、システムエンジニアやIT関連の企業で働きたい方には、まず取得が望まれる登竜門的な資格です。
毎年全国から15万人以上もの人が受験する、人気の高い多くの企業で求められている技能であるといえます。

■資格取得のメリットは?

<若い方に人気のIT関連企業への就職・転職に有利>
<まず最初に取得しておくことで、将来SE・プログラマーを目指すうえで必要な基礎知識が身につく>
<IT関連企業以外でも、この資格を持っていれば一般企業でも評価が高く、昇給・昇格のチャンスも広がる>

■基本情報技術者の試験について

受験資格:制限なし

試験時期:4月第3日曜・10月第3日曜に他の情報処理関係の試験と一緒に行われる。

試験内容:

①午前試験(問題数80問、多肢選択式)
コンピューター科学基礎、システムの開発と運用、ネットワーク技術、セキュリティと標準化など。

②午後試験(問題数13問のうち8問を解答、多肢選択式)
ハードウエア、ソフトウエア、アルゴリズム、データ構造およびデータベース、通信ネットワーク、プログラム設計など

合格率:24.2%(平成18年度秋季試験)

>>トップに戻る

目的別キャッシングサイト
自分発見
メリット
選び方
向いている人
生涯学習って何
生涯学習の役割
ボランティア
人気講座
インターネット
暮らし
魅力
活きる
資格の種類
就職・転職・独立に強い資格&スキル
ニーズの高い介護・福祉系の資格&スキル
女性が活かせる資格&スキル
仕事や生活に活かせるIT・パソコン
美しい文字を身につける
英語・語学のスキルを高める
毎日が楽しくなるアート&手作りクラフト
趣味・教養の世界を極める
まだまだあるその他の講座